本日も、やってます。
キャンプやポタ、トラウト中心のルアーフィッシング...三河→千葉に移住してどれだけ楽しめるのか? とりあえず、本日は何しようかな。
FC2カウンター



プロフィール

yas!!

Author:yas!!
「モノより思い出」だよねとかいいながら、結局「やっぱりモノだよね」になってしまう...単にイジリ好きなだけ。人生試行錯誤中。
三河→千葉に引っ越して活動中。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご飯
なんといっても料理の基本はご飯でしょ。
ご飯がなければ、カレーも、焼き肉もできやしない。
別に特別な道具なんて使わなくても充分おいしいご飯は炊ける。

必要な道具:米、カップ、バーナー、鍋(蓋も)、時計

1.カップで米を計量して鍋へ。もちろんカップは何でもよし。大体カップは200cc程度だから1カップ1合ぐらいと思ってればよし。

2.鍋で米を普通に研ぐ。おいしい水を近所でGetできるのであればなお良し。

3.カップで米と同量の水を入れる。ここまでは家庭でやることと変わりがない。

4.バーナーに鍋をかける。とりあえず最大火力(我が家はコールマンのガソリン2バーナー)。当然蓋をして。
「初めチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」は完全無視。
DSC04277.jpg

5.蒸気が出だしたら、鍋が吹きこぼれない程度にに徐々に火力を弱める(開始から20分程度までが目安)。中火から弱火程度で落ち着く。

6.中火から弱火で、蒸気の出具合に注意(開始から30分程度が目安)。かなり弱まってきたらちょっと蓋を開けて炊き具合を確認。
上がベチョベチョでなくなればOK。弱火にして、ご飯を混ぜ蓋をして5分そのまま。

7.火をとめて完成。
DSC04284.jpg

焦げが欲しければ6で火を弱め切らずに。とにかく蓋を開けて炊き具合を確認することが大事。ちょっと開けたからってまずくなることはないし。

水のおいしさで味は大分左右されるから、まず家庭で食べるご飯より美味しい!!

標高や季節など気温に応じて炊き時間は変わる。標高1000mクラスで春まだ寒いときは40分くらいが目安。



我が家では鍋はティファールを使っている。(旧型だけど...)

選んだ理由は
・焦げがこびりつかないこと。(洗うのも楽)
・取っ手が外せるので仕舞寸法が小さいこと
・タッパーとして使える蓋があるので、そのまま保存容器になること。
家庭用としてよりもアウトドアで威力を発揮する。なかなか立派。
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yasyes.blog47.fc2.com/tb.php/73-d6a23e5d



Tweet            
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。