本日も、やってます。
キャンプやポタ、トラウト中心のルアーフィッシング...三河→千葉に移住してどれだけ楽しめるのか? とりあえず、本日は何しようかな。
FC2カウンター



プロフィール

yas!!

Author:yas!!
「モノより思い出」だよねとかいいながら、結局「やっぱりモノだよね」になってしまう...単にイジリ好きなだけ。人生試行錯誤中。
三河→千葉に引っ越して活動中。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


炭の火の付け方
先月、バーベキューの着火剤が飛散して、女性が火傷で重体になる事件が起こった。22才の女の子が大火傷...かわいそうに。

どうも火をつけた後にチューブの着火材を足したことで飛び散って引火したようだ。
そんなことしなくても確実に着火できるのに...
このブログを見るような人はそんな心配は要らないのかもしれないけど、俺の方法を紹介してみようと思った。
自己流ではあるけど、失敗はしないはず。

まず、アルコール系の着火材は使わない。

理由は簡単。
1.熱くなる車内で揮発したらどうなるのか心配。
2.自分の手でチューブから出すから、毎回量が安定しない。

使うのは
こんなんとか、

ベスター18本入り【着火材】

ベスター18本入り【着火材】

価格:128円(税込、送料別)

こんな、ブロック状のタキツケが好き。
なんせ長期保存できるのと、とにかく安い!!

今回はコレ。1年は保存してる。っていうか9片入ってて1片/回だから9回火を起こさないと使い切れない。
DSC01360.jpg


じゃ、やっと火の付け方紹介。
最大の注意事項としては、炭に火をつけるのは時間がかかるもの。
BBQなら、何よりもまず先にはじめること。材料の支度なんて誰かに任せてまず火起こし。
火をつけたら何が起こるかわからないから、当然、目を離しちゃダメね。


準備するもの。
1.焚き火台orバーベキューコンロ
2.炭
3.着火材
4.ウチワ
5.トング
6.水(もしもの時の消火用)
6.酒(時間つぶし)

---------------------------------

1.焚き火台の中央に着火材を置く。
直火はダメだよ。キャンプ場なら大体禁止されてるけど、地面痛めます。何より火がつきにくいから。
DSC01361.jpg

2.着火材の周りに炭をやぐら状に組む...といっても炎が当たる程度囲えればいいから大体大きめの炭3~4本。
DSC01362.jpg

3.着火材に火をつける...炎に炭が当たるようにちょっと炭の配置をトングで調整
DSC01363.jpg

4.着火材に火がついている間は煙が出てるので、煙が弱まるまで待つ。目安はビール1本飲み終わる位。
DSC01365.jpg

5.とにかく待つ...炭は絶対に動かさない。

6.着火材が燃え尽きると少し炭が赤くなってるのを確認。(ダメなら着火材再投入だけどそんなケースは無い)
DSC01366.jpg

7.ウチワ登場。ここからが忙しい。とにかく仰ぐっ!!仰げ、仰げ!!!
DSC01367.jpg

8.仰ぐと炎が上がる。しばらく仰ぐのをヤメる...するとまた炎が消えるので、また仰ぐ。
DSC01370.jpg

9.仰いですぐに炎が出るようになったら、炎の出る辺りに追加で炭投入。
DSC01371.jpg

10.また仰ぐ!!...この繰り返しで炭を増やす。
DSC01376.jpg

11.炭は一切動かしてないけどちゃんとついてるでしょ?
DSC01384.jpg

12.必要な量に着火したところで、やっと炭を動かす。
着火した炭を平らに広げてBBQどうぞ。
長時間使う場合は、その上に新しい炭を足して行けばいい。投入したら仰いでね。
DSC01385.jpg
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yasyes.blog47.fc2.com/tb.php/234-8a44df20



Tweet            
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。