本日も、やってます。
キャンプやポタ、トラウト中心のルアーフィッシング...三河→千葉に移住してどれだけ楽しめるのか? とりあえず、本日は何しようかな。
FC2カウンター



プロフィール

yas!!

Author:yas!!
「モノより思い出」だよねとかいいながら、結局「やっぱりモノだよね」になってしまう...単にイジリ好きなだけ。人生試行錯誤中。
三河→千葉に引っ越して活動中。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蓄電池
自転車用ライトの電池は悩みどころ。
ジテ通族なので、毎日必ずヘッドライト&テールランプは点灯させる。
ハブダイナモを使ってないので当然電池を消耗する。

どうせなので蓄電池にしようと思って、2年前からsanyoのeneloopを使ってる。
中学生くらいのときにやってたラジコンの蓄電池はニッカドだったけど今はニッケル水素電池。メチャメチャ持ちが良い。時代は進化したもんだ。メモリーが起こるのでリフレッシュとか...懐かしい。電圧が1.2Vと低いのはニッカドと一緒だから使う機器は注意しないといけないね。

問題は値段が高いことだなぁと思っていたら....安いっ!!ついに100円ショップでも単三が100円/本の時代かっ!!
どんどん安くなるもんだ。

左からeneloop/sanyo:400円/本。ホームセンターで買ったecoruba/オーム電機:200円/本。ダイソーで買ったVOLCANO NZ/武田コーポレーション:100円/本。
IMG_2749.jpg

単に4倍の価格差と思えば、違うのは電力容量か?と疑うよね。見てみると...
eneloop:1900mAh。ecoruba:1900mAh。VOLCANO NZ:1300mAh。
容量は1.5倍くらいの差はあるのね。繰り返し充電回数をVOLCANO NZは謳ってないので400回前後しか持たないのであればコストパフォーマンスはeneloopと同等と考えてもいいのかな。

2本単位でしか買えないeneloop&ecorubaに比べてVOLCANOは1本で買えるからなぁ。
ニッケル水素っぽさが全くないグラフィックには難があるが、しばらくはVOLCANO NZを買っちゃいそうだなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


コメント
エネルの価格
eneloopが1本400円って、どんなボッタクリ店を基準にしてるんですか?(笑)
Amazonで8本2000円以下で売ってる……と思ったら、新型になって安いの無くなったのねトホホ
それでも、8本パックで2200円弱だから1本辺り約275円でしょう。
http://www.amazon.co.jp/dp/B002S0N8C2
さらにカラーバージョン8本パックでも2,480円なので、1本辺り約310円です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B002WJI39C
[2010/02/17 18:56] URL | 2cnねらー #wr80fq92 [ 編集 ]

エネは某所で8本1575円で売ってるよ
[2010/02/17 21:11] URL | 某スレ住民 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
eneloop、知らないうちに安くなっているものですね。
買った3年前には考えられない値段!!200円/本を切りますか...
3年で充電回数は数十回かな?
製品寿命の1割も使わないうちに新品の値段は半分くらいになってるってちょっと寂しいですね。

使った印象ではecorubaの方が徐々に電圧が下がる感じ、eneloopは急激に落ちる感じですね。
ある程度の電圧が必要な機器では、使える時間が長いeneloopの方が使い勝手は良いかもしれませんね。
ちゃんとログ取れればきっちり比較できるけどそんな機器は持っていないのであくまで印象ですが。
[2010/02/18 21:49] URL | yas!! #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yasyes.blog47.fc2.com/tb.php/134-cfc6b2e8



Tweet            
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。