本日も、やってます。
キャンプやポタ、トラウト中心のルアーフィッシング...三河→千葉に移住してどれだけ楽しめるのか? とりあえず、本日は何しようかな。
FC2カウンター



プロフィール

yas!!

Author:yas!!
「モノより思い出」だよねとかいいながら、結局「やっぱりモノだよね」になってしまう...単にイジリ好きなだけ。人生試行錯誤中。
三河→千葉に引っ越して活動中。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメドLの修理
折角更新したアメドLだけど、早速被害に遭う。

タープが強風で煽られた時に抜けたペグでフライに穴が開く!!...怖えぇ...
ソリッドステーク30だからソコソコ耐えた反力で矢のように飛ぶんだよね。
いっその事、全部のペグを40&50にするとかした方が安心かも...

とりあえず破れたフライを補修。
スノーピークってちゃんとしたリペアシートって無いんだよね...これってイチイチ、メーカーに修理出せってことかしら??
なんかキャンパーをなめてる気がする。自分の道具は自分で修理しないとフィールドで装備に責任持てないでしょ?

まあいいや、仕方ないのでユニフレームのリペアシート使うわ。


アイボリーって色が微妙で合わない。
目立たないように、裏から補修するしかないね。

はがれにくいように角は丸くして、アイロンしっかり当てて完成!!
剥がれるようならシール剤入れるわ。

スポンサーサイト

Coleman 2500-457J にCB缶用スタンドver.2 レビュー
出来上がったばかりのColeman 2500-457J CB缶用スタンドver.2を持ち込んでレビュー。
やっぱり、キャンプ用品はキャンプしてる時に見ないとわからないよね。

パーツが多いから組み立てに多少時間かかるのは目をつぶる。その代わりパッキングが小さいからね。
やっぱり多少強度がない感じが残るが実使用問題なし。
高さがあるので、普通のランタンと使い方が違うかも。

試しにテントサイドマーカーとして使ってみる。光量はあるし、調整も楽なのでいいかも。
朝のテントサイドに佇む姿も良し。
DSC08865.jpg

テーブルライトとしてもいいかもしれない。高さがあるので子どもたちも触りにくい。
しかも卓上コンロの上面もよく見えていいのだけど、目線高さなのでフロストのグローブでないとツライか。

竹のフレームの雰囲気は、吊るしても、テーブル置きでもマッチするのは確認できた。
モノとしてはこれで完成だね。

あとは使い方。この光量イロイロ考えられるなぁ...
DSC08826.jpg

パーツはこんなカンジにバラバラに。
DSC_6580.jpg

収納は設計どうり、純正のケースに一緒にしまえる。
リングはランタン本体の下に敷く。
DSC_6577.jpg

フレームはタテに隙間に収納...完璧っ!!
DSC_6579.jpg

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用


シングルバーナー BULIN BL100-T4にお仲間... BL100-T4-A
これは何だ?
DSC_6553.jpg

まだわからん?
DSC_6554.jpg

年初に買ったBULINのBL100-T4...のように見えるけど、ちと違う。
DSC_6556.jpg

答えは後ほど...

我が家で今最も活躍してるバーナーは年初に購入したばかりのBULINのBL100-T4
中華なのに堅牢、液出し使用できて、いつでも使える。すぐ使える。
ダッチオーブン載せてもビクともしない。
バックパックに入れるには大きいけど、ファミリーキャンプのサブバーナーとしては優等生だ。

だけど、BULINのBL100-T4の弱点は、マルチフューエルがゆえのスターターがないとか、バーナーの口径が小さいから炎の広がりが少ないとかあるんだけど、
最大の弱点...それはジェットの目詰り。

燃焼部の真下に裸で配置されるので、ちょっとした吹きこぼれなんかでもすぐガスの出が悪くなってしまう。
メンテは難しくはないけど、毎回コレじゃやってらんね~。
マルチフューエルなのはいいんだけど、灯油使ったら毎回目詰りだ。

それが理由かはわからんが、ガスに限定して使いやすくしてるのがBL100-T4-「A」ということになるのかな?
スターターもついてるし...。で、勢いで購入。かなり安いし

右がBL100-T4、左がBL100-T4-A...型番が表すようにボディ・ゴトクは完全に一緒。
バーナー部とスターターの有無だけ違うのね
...BL100-T4のコルクつまみはお手製なので標準ではございません。
DSC_6557.jpg
DSC_6559.jpg

2台の燃焼共演。
やっぱり、BL100-T4のジェット機のような燃焼音に比べ、BL100-T4-Aはマイルド。
スターター一発点火。こうなると我が家ではワイフも使えるBL100-T4-Aに軍配。
期待はしてなかったが、バーナー部の口径が一緒なので炎の広がりはやはり小さめ。大きな鍋の底を均一に暖めるには小さい。
DSC_6576.jpg

炎の状態がよく見えないから、もう一枚。
基本的には普通のシングルバーナー程度。ただし、コイツも液出しできる!!
しかも、BL100-T4よりも火力調整が容易...ちと風に弱そうだが...。
DSC_6564.jpg

ファミリーキャンプでは413Gのサブの位置づけでも、殆どコイツの独壇場になる予感。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用


Coleman 2500-457J にCB缶用スタンドver.2完成!!
なかなか手がつかなかったんだけど、お盆休みにキャンプにあわせてやっと重い腰を上げてみた。

前回ver.1の問題点を整理。
1.タテフレームをつなぐリングの強度が足りない。←これが大問題。
2.上リングが嵌めにくい
3.点火しようとするとタテフレームにダイヤルが当たり点火できない。

2.3.は簡単な変更で対応。
1.は...リングを2重にして2倍の強度にする...でいいか。

で、今回もK.452に持ち込んでリング作成。
前回のタテフレームは活かして小加工。テレビ見ながらヤスリでゴシゴシ...しまった。削りすぎてちょっと緩くなった...。

できた...組んでみる...
おおっ!!イイカンジ...ん?でも、まだ少し強度弱いか??...これはタテフレーム2mm厚の設計の問題だな。
DSC_6545.jpg

で、早速本体に取り付け。
やっぱ、カッコいい!!...ちょっとグラグラするけど、竹だしシナルから問題ないでしょう。
DSC_6533.jpg

明日からのキャンプ出撃が楽しみ!!

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用


久しぶりのタープ考
GWのキャンプで破れてしまった我が家のタープ、snowpeak HDタープ"シールド"レクタL。
明らかに寿命なんだけど、いつから使ってたか遡ってみると...
2004年のお盆休み...ちょうど10年!!
そりゃ寿命だわっ!!

デビューはココ、山形の白川ダム湖畔オートキャンプ場
懐かしいっ!!...なかなか雰囲気は良かったんだけど、愛知からだと激烈に遠いのと、フェーン現象で予想以上に暑かったよな...それにしても幕体の色が鮮やかっ!!...こんな色だったのか。
040809-14山形 - 20

snowpeak HDタープ"シールド"レクタL、現行でもあるんだけど違うもの。コレは品番がTP-642。
現行は、TP-742。ProセットがTP-742S...いろいろ変遷があったんだろうけど、とにかく違うものよってことね。


さて、10年でどれほどの進化があるのか??
サイズは...張った状態で500mm×440mm...「張った状態」なのが気になるが、特に違うカンジがしない...これであれば手持ちのエクステンションシートも使える。
耐水圧3000mmも変わらんし、テフロン撥水加工の耐久も初期撥水100点、5回洗濯後90点で同じ...進化はないのか??
色換えだけで10年もモデルもつんだからタープは基本性能さえ出てればいいってことかな。

別にsnowpeakにそこまでの思い入れはないので、他でも探ってみる。
テントとは色を合わせ体ので幕体のベース色がベージュ。
林間ばかりではないので、遮熱性、耐水性がそこそこあること。
ポールやペグは使い回すので幕体のみので購入できる。
張りづらくなるのでそこそこの大きさがあり、でも、現状より大きくならない。
が条件。

最初に考えたのが小川。
テープループも強度高そうだし、ベージュ一色ってのもイイ。なかなか良いと思う...が、570×420と、ちとデカい。夏場の遮光もHDタープ"シールド"程ではなさそう。で、日本製とは言っても幕体のみで43200円は...


小川には遮光ピグメント加工のラインもある。
サイズがこちらもややデカイ...で、やっぱり高い。でも良いんだよね。



他にも探すと...
ラインナップは少ないんだけどmontbellにもある...値段はこなれてるけど、色がなぁ...


UNIFLAMEのBIGタープも面白そうなんだけど...8m×6mって!!!



老舗のアウトドアショップのWILD-1のPBがなかなかいいのだ。
Takibi-Tarp TC Recta
遮光性はHDタープ"シールド"ほどはないだろうけど、三角の難燃シートをタープ内に設置することでタープの下で焚火ができる!...面白いコト考えるもんだ。
価格も 26,800円って即決だったんだけど、
「申し訳ございませんが、只今品切れ中です。」...しかも次回の入荷予定未定...ダメだ。残念。

そうなってくると、もう一回snowpeakを見直してみる...コレなんだ??
ウイング的にも張れるレクタ??...今までのも別になんとでも張れるが...。
サイズは丁度いいけど、縦横がHDタープ"シールド"レクタLと逆なのね。
色が面白いとは思うんだけど濃すぎるんだよなぁ。


どうしようか??悩んでいるとオークションでHDタープ"シールド"レクタLの幕体のみ新品発見っ!!
あっさり決めてしまった...悩む必要がなかったんですけど...。




来た...袋もついてたけど...10年経っても同じだな。
DSC_6362.jpg

さて幕体は...ツートンのカラー構成が、エンジ×ベージュ → グレー×ベージュ になっただけで、つくりは何ら変わらん。
...っていうか、ベージュがエラい違うんですけど...10年でこんなに色あせるものか...時を感じるわぁ...。
DSC_6363.jpg

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用




Tweet            
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。